二匹の先生

ARTICLE PAGE

SAND

季節
  • comment0
  • trackback-







侵入注意!と、立て看板を横目に大きな水たまりに片輪をドップリと浸かりながら進む
我が愛車はFF、夏場なら難なく進める細かい砂の浜
タイヤはスタッドレス、でも何か変?ステアリングに抵抗とスリップ感が

なんかヤバそう…

周りの車はと見回すとスバルやジムニー
スピードは一定に、とにかく出口に向かって止まるな!
優秀なトラクションコントロールのお陰か出口付近の砂の山をクリアー

ホ!

たっぷり雪を含んだ砂は深く重かった、
せっかく来たのに(1時間30分かかった)

目的は愛車と二匹をこの広い砂浜で撮る、だったが曇り空とこのコンディションで
あっけなく撃沈!!

JAFに牽引されている若いカップルの軽はいい経験なのでは↑
思えば若き頃は自力で砂から脱出したもんだ、しかし砂は雪より厄介だ。
関連記事

Comments 0

Leave a reply