二匹の先生

ARTICLE PAGE

熱せられたアスファルトは地獄

わんこの写真
  • comment0
  • trackback-







ある日の夕方二匹を連れ出した、日中の気温は30度超え
家の前の階段を下りるとsilkyは直ぐさまリードを引っ張った

その方向は(帰ります)だった

暑さに敏感なsilkyにはとても耐えられなかった温度だったのだろう
アスファルト地獄、
その日はすぐに家に逃げ帰った

写真は朝6時、早朝はまだまし
それでも家に帰る頃にはハアハア

せめて朝晩が涼しくなるのはいつだろうか?
外の日陰に繋がれている他の犬に比べれば環境が良すぎるのか
どちらが良いのか最早解らない、飼い主とのスキンシップの時間を考えれば

やっぱり二匹にとって今の生活が正解としておこう

と言うわけで、この熱い夏をうまく交わして行かなければと思う
二匹のDNAを考えれば、日本のこの蒸し暑い環境は×

でも家に来た縁、それは紛れもない事実
生まれたのも日本
二匹の目にはここがイイって何時も言ってるもんね!

頑張ろうこの暑い夏、なんか夏って嫌いになりそう…。
関連記事

Comments 0

Leave a reply