二匹の先生

ARTICLE PAGE

あなたなら どうする

わんこの写真
  • comment2
  • trackback-

愛犬を撮る、簡単なようで人によっては最も難しい
たとえば家の二匹は、

まず目線をくれることは無い、殆どの場合おやつで釣ることはしない
で、言葉で引きつける でもまあそれらは上の空
ワアワア言ってるうちにトーンが変わると一瞬、何だろう?と

アイコンタクト、それは結構応じてくれる二匹なのだが
大きなレンズ越しではまったく意味なし!
それどころか華恋などは(そんなことしていないで遊んでと近くに寄ってくる)

う~君たち 少しはモデルになっておくれ、が本音
外に出れば注意散漫だし

でも本当の可愛い顔や目は飼い主にしか見せないだろうし
それが解るのも飼い主の特権、おやつをちらつかせている時の目は
正直 血走っているのでNG!さて、それではどう言った時が狙い目なのか

はい、腕の中でウトウトしかかった時など最も安心仕切っている時
それって近すぎて話にならん!!と苦戦中。


IMG_0470-Edit-1_20150123133134ad3.jpg
関連記事

Comments 2

minp  
NoTitle

あっははは うんうん よくわかります。。(笑)

2015/01/21 (Wed) 20:16 | EDIT | REPLY |   
シルカレ  
NoTitle

minpさんへ

毎度の事だけど二匹の静止は寝ている時だけ
きっとレンズが嫌いなんだ!(-.-)

2015/01/22 (Thu) 16:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply