二匹の先生

ARTICLE PAGE

通りがかりの太陽

季節
  • comment4
  • trackback0
 前から自転車に乗った人がやって来る、その人はじ~と二匹を見つめている
その飼い主「シルカレ」はその自転車のひとの顔を見つめる

薄暗いなかですれ違った、、 あ!知り合いだ(もう、何年も会っていない)と思った瞬間から何秒かして振り向いた

自転車は声をかけるには遠すぎる距離まで遠ざかっていた

彼は気付いていないだろうか?
年賀状に写っている二匹を思い出せば    あ!っと…思い起こすかも。



20121025-DSC04884_R.jpg
関連記事

Comments 4

minp  

同じ犬だ〜 と思ってみながら通り過ぎられたのかもですね(*^o^*)

2012/10/31 (Wed) 19:22 | EDIT | REPLY |   
シルカレ  

minpさんへ

そうそう、こちらの顔を全く見てなかったので
シュナは珍しいので(家の近くでは)尚更!

そして同じように あ!でしょうか:-)

2012/11/01 (Thu) 10:38 | EDIT | REPLY |   
mika  

こんばんは☆

いや~、あるよね、あるある。
わたしも、出先でやけにじぃ~っと見られていることに気付いて・・・
でも知らない人だよ。
すれ違う。
「あ!お客さんだ!!しかもわたしの接客で、服買ってくれた人!!」
今更声を掛けようか迷って・・・
てな状況。

年賀状、もうこんな言葉を見る季節なんだね。
早いもんだ・・・

2012/11/02 (Fri) 00:25 | EDIT | REPLY |   
シルカレ  

mikaさんへ

それって、そんなに親しい人じゃ無いしって感じ?
だと思うけど、
でも嫌いな人じゃ無いから(あ~)って

早いもんだ、あと…だもんね!

2012/11/02 (Fri) 20:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply