光ケーブルに赤信号

2012/08/31
本日で古い光ケーブルが撤去されます
明日からは新しい環境で、、と言うわけではありません

切り替えのタイミングミス!

と言う事で予定では9月20日が工事の日となっております
その間、どのようにしてネットライフを送るか 思案中…。

作品-02801_R
comment (2) @ 空

夏の終わり

2012/08/31
誰も居ない海の季節が近くなってきました
気温は十分に暑いのに、
冷たい砂の感触が待ち遠しい 今日この頃。


作品-07229_R
comment (2) @ 海

みのり

2012/08/30
もうすぐ漂う稲の臭い、あの刈り取り時に放つ一年に一度の臭い
今年もあと数日で田んぼの景色は様変わり。

作品-02815_R
comment (2) @ 季節

銀色の海

2012/08/30
good-bye 夏の海

青春の思いでは海に置き去り

たまに少しだけ持ち帰ろう 時間は経ちすぎても気持ちは青春。

作品-02769_R



海を見る時はいつもの海が いい
なぜか落ち着くのは 古里だから?



作品-02760_R

comment (2) @ 海

トンネル

2012/08/29
そこを通れば海だった

あ!ごめん 後ろも海です 最近 海の中に足を入れてもぬるいです ボソ!

作品-02780_R
comment (6) @ 季節

自由な翼

2012/08/28
遠距離

と 言っても空を行けば…

あっという間。


comment (4) @ 白黒

たたずんで

2012/08/24
作品-02591_R


時間の流れを感じる

日の日中、そんな事を思う事は滅多に無いけど
日の落ちる姿を見ていると進む時間の早さを思い知らされる

しかし、心配する事なかれ

自分の費やした時間に無駄は無し!
生きた証は消え去ろうとも。


作品-02571_R
comment (2) @ 海

避暑地

2012/08/24
スキー場の中のペンション

かつては夏でもわんさか人が訪れたであろうと思えるビレッジ、営業していないお店は半分ほど
いや
個人の別荘に成っていたり何となく寂しい雰囲気

朝とも成るとバイクのエンジン音があちこちで響いていた頃が懐かしい
ただ、趣味が変わった今はこの静かさが心地いい

さらにこの時期、標高1500㍍の気温は夢のようだ二匹の息は軽やか

気温20度…

作品-02256_R
comment (0) @ お出かけ

アウトドアな彼

2012/08/23
二匹と早朝の海を散歩

知らない人から突然声をかけられた、それも名指しで??

彼は、、

サングラスに帽子姿、知らない人だよねそんな格好では

昔はラリーで一緒に走り回った仲、その後久しぶりに会えば
コーヒー屋の店主

また久しぶりに会えば
山で、それもカメラをぶら下げて

それからさらに久しぶりに会えば
プールで身体作り

彼のお店の前を通るけど横目で見るだけ

そして、ホントに久しぶりに声をかけられたら
おいおいこれかよ
ちょっと負けた気がした

その彼が言った(二匹?)
ちょっと勝った気がした、そう彼も犬を飼って居るのだ。


作品-02653_R
comment (0) @ 白黒

ミニチュア

2012/08/23
私たち動きます

華恋はsilkyに付いていきます、、
二匹に活を入れた日
それは、静止を無視していくいく、どんどん行く

100㍍あ~姿が小さく 

こら~!!

その間、華恋は⒉度振り向いた が しかし
silkyに付いていった…

silky!お前が確信犯
目をくりくりしてこちらを凝視するsilky

目を三角にして活を入れる、

華恋は何故怒られるのか?でもsilkyは解っている!


作品-02664_R
comment (0) @ わんこの写真

トマトの味

2012/08/22
トマトの味にはちょいとうるさい方

作品-02379_R


作品-02380_R

R299沿いの(サラダガーデン)
3年ぶりにお邪魔した

作品-02386_R

お店はそのまま、あるある あのトマト達
あの、おばちゃんも(社長?)看板犬もいるいる!

その(あおいトマト3年前に食べたら美味しかった~)
って言ったら
あの あおいトマトおまけで(にこっと笑って)手渡された

作品-02389_R

このお店 見た事もないトマトがいっぱい、色と味は一致しない
味はどれも濃厚~ちょっぴり酸っぱいのも有るけどみんな美味しい

作品-02391_R

高原の無農薬野菜とでも言いますか蓼科に来るとここに寄らずには帰れない
そして
もう一つ、八ケ岳自然文化園のレストランのランチバイキング(1200円)
そこで食べたトマト、、いい味してた
最近食べるスーパーのトマトはどれも薄い味で、こんな旨いトマトが食べられるなら

また来年も来よう(広大なドッグランもあるし)…

作品-02552_R

お腹がいっぱいなのにまだ食う、ホントに美味しいのだ
トマトと言えば幼き頃
近所の畑で取って食べた無農薬トマトのあの味が忘れられない。
comment (2) @ お出かけ

華恋の悲劇

2012/08/21
冷気を求めて標高1800㍍

作品-02222_R

その1

お泊まりしたペンションでお隣のワンちゃんに鼻先を噛まれた。

その2

高所で雷に出くわした(ブルブル震る、全身で震える)

その3

雨の音が大の苦手なのに道中 雨、雨、雨音が華恋を悩ませた。

その結果

ドッグランでしょぼんとした華恋を見たのは初めて…だった

作品-02323_R

こんなに天気が良くて雨ぞ降ると思う事なし!
しかし、
山の天気は…

作品-02293_R

怪しい雲が二匹を、、雷はとっても怖がる二匹
山の上で雷が鳴ると、とても近い
強い雨と共にやって来る雷は大魔神にでも襲われる気持ちなのだろうか、

お日様がカンカン照っていたのにあっと言うまにビショビショ

作品-02354_R



comment (4) @ お出かけ