スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

NO!

2017/03/15







駄目なものは駄目でしょ、そう思って華恋にNO!と告げる

今 この辺に流れ着く危ない漂着物に、

この犬はそんな危険なブツに近づき、においを嗅ぐ
たまに中身そのものが残っているときが有ると聞く

そんな危ないものの代わりに(いつか会えたら)って
手紙の一枚でも入れてくれたら、どんなにドラマチックな事だろう。



_MG_7221-Edit.jpg
スポンサーサイト
comment (0) @ わんこの写真

上昇気流に乗って

2017/03/10






もう先月のことになるけど、晴れ渡った空と何処までも乾いた路面を求めて
と、脳裏に浮かんだ所それが琵琶湖湖畔だった

敦賀で高速を下り、国道8号から161号に差し掛かると家を出るときは雪のゆの字も無かったのに
峠は雪の壁、この辺ってこんなに雪が積もる所なんだ、路面は流石に雪も溶けていて走りやすいが
それが癖もんで、雪解けの水とほこりが混ざって琵琶湖が見えた頃には車は泥だらけ

それにしても雪が多い琵琶湖のほとりまで雪が積もっていた、散歩どころじゃ無い!
一体何しに来たんだろうね、と二匹+二人は顔を見合わす
思い描いていたレストランの食事(そんな所は無かった)にも有り付けなかった

仕方なくコンビニで車内昼食、その後、大橋を渡り琵琶湖の反対側へ(どっちが反対側か?)
すると雪がだんだん少なくなって山から遠ざかると完全にドライ!
朝から目的の散歩が出来たのが夕方とはなんと間抜けな一日だったことか

そのちょっとした広場では寒いけど気持ちよさそうに空を舞うモーターパラグライダーに出くわした


_MG_6809-Edit.jpg



パイロットは決して若くは無かったがとっても良い趣味?だな~なんて思い
カメラを向けた、

赤いパラシュートの人は4~5回もタッチアンドゴを繰り返してくれた
本人はそんな風には思っては居ないだろうが勝手にこちらへのサービスカットと
思った


_MG_6816-Edit.jpg



ドップラー効果とでも言いましょうか、ブ~ンと近づいてきてエンジンが後ろを向くと
バーーンと言う音と共に空へ舞い上がる
寒いんだけれど飽きずに着陸するまで見ていた

そんな二匹の散歩に、こんな遠くまで来たある晴れた日のドライブ
(ほんとは運転したかっただけ、、なんて二匹には内緒)


_MG_6768-Edit.jpg
comment (0) @ 空

どうしても勝てない相手

2017/03/07






ふと思う 二匹が走ると、どちらが速いのか

年の若い華恋のような気がするが何年か前に良くやった50メートル競走
その時は地響きを立てて激走するsilkyが常に勝っていた

でもこの頃は無駄な走りを敬遠するsilky、華恋の動きを見切って
一気に捕まえる、上から押さえ込まれた華恋はそれを抜け出す為に
多くの体力を消耗してしまう、

そうなると最初は強気で仕掛けていた華恋は
ハァハァゼィゼィ舌を振るわせsilkyから逃げる

彼女の避難場所は決まって ココ、silkyが手を出せない唯一のエリア。



_MG_7478-Edit.jpg

comment (0) @ わんこの写真

迷子のワンコの記事を読んで

2017/03/03







今日の新聞に迷子のワンちゃんが写真と共に載っていた(公園で居なくなったと)

犬を飼っていて外で一度もリードを外さない飼い主はいないと思うが
我が愛犬がリードから解放されてどんな行動を取るか?
家では周りの環境に会わせてひたすらスキルUPを繰り返している

こう言うと(しつけが行き届いているのね)なんて言われそう、でも
ノーリードでいかに二匹をコントロールするか、これ大変重要!

大丈夫なところで実験を繰り返してきた、
華恋は恐がりなので常にこちらを伺って行動している
が、しかしsilkyには驚かされたことが一杯、

silkyがまだ一匹の時、そこに集中して彼の行動パターンを勉強した

野山や海岸を一緒に駆け回った、silkyはどんなところでも必死に着いてきた
途中さっと身を隠し、どうするか?何時もの遊び場ではブーメランのように駆け回っては
直ぐに戻ってきて、と が 
ある日いくつかある道の戻ってくる予想ラインで待っていたら違う方に行ってしまった

silky!と呼ぶが生い茂る木々の中では声の方向が定かでは無く、また獣のように嗅覚で探すわけでも無く
そうこうしていると、ぐるぐる回る声を頼りに何時もの散歩道の歩道を全力で駆けていく後ろ姿を確認!

おいおいそっちじゃ無いぞ!!

こちらも全力で追いかけた、犬は早い、そう、とっても早いのだ角を回ると陰も姿も無し!
やば~この時は真剣にsilkyの身を案じた、途中で会った人にこんな犬を見かけなかったかと
聞いてみるが×探すこと1キロほどまた1つの角を回るとsilkyがこちらに向かって歩いてきた

彼は賢かった、何時もの散歩道の行き止まりまで行ってまた引き返してきたのだった
この時はラッキー!ほんとに運が良かった
また在るときは前を歩く知らない人に付いていったり(考え事しながら歩くな!silky)

写真撮影に飽きると脱走したり、でも歳も重ねてくるとそんな事も過去のこと
今の二匹は強烈な(マテ!)のコマンドでストップ!

ここまで来るのに何百回マテを言ったことか、二匹の主はあくまで一人
それは家族の中でも一人だけなのだ。





comment (0) @ わんこの写真

やっぱり夏タイヤ!

2017/02/28







今日、愛車のタイヤをスタッドレスタイヤから夏タイヤへ履き替えた


思いっきり踏めるブレーキ、スパッと切れるステアリング、
ガバッと踏めるアクセル、これらをじっと我慢していた

少々重くなったハンドル、静かになった路面からの音
純正のホィール+スタッドレスの重量から1本あたり3.4㎏も軽い、この
OZのホィールは乗り心地もソフトに、これはもはやプチ サスチューンだ

しかし、とっても残念なことが1つ!

家の嫁はそんなことに全く気づかない、そう説明しても、、
でも二匹はちゃんと解ってくれていると思う、条件の悪い
リヤシートに体を預けているのだから…。
comment (0) @ 未分類

これ、見たことあります!

2017/02/22







昨日、FUJIFILMからフォトブック無料クーポンのお知らせが届いた
まったくそんなん作る気は無かったけど、なんだかその気に、、

2014から作っていなかったから15,16,と
追加料金払って2年分頑張って作ってみようか

そう言う訳で、15、16、17年からデーターを引き出して作業にかかる
そこで目に止まったのがこの写真なのだ、以前ブログにUPしているが、、
改めて現像し直して見ているとジャンプしている華恋が可愛い過ぎる(バカ!)

偶然撮れたの?なんて野暮なことは聞かないで、レンズは確実に
この瞬間は二匹に向けていたから
動画なら次の次のって動きを追うだけだろう、でも写真の良いのは ここね

ウサギのように(本当のウサギの走り方はしらないが)高くジャンプしながら走る華恋
その足が上がる瞬間!

と、あれこれ言うのはここまで!自己満足なんだから
写真はプリントアウトしなくちゃ、さてフォトブックはどんな出来になるやら。



comment (2) @ わんこの写真

お腹に脂肪をため込んだのは誰のせい

2017/02/17






先月、家庭用の精米機を買った

それまでは玄米30キロをコイン精米機にて一度に精米して、桐箱に入れて家の中で保存
自分が手塩にかけて育てたお米、玄米は大きな冷蔵庫で保存(味に疑いなし)
ところが精米してきた白米を保存しておく30キロ入りの冷蔵米櫃が壊れてから桐箱に保存するようになった

何故か、しばらくすると炊きあがりの飯があまりおいしくない事に気づくようになった
炊飯器は象さんの南部鉄器を使っている、原因は桐箱内の温度=(家の中の温度)
どうしたら良いか!
考えついたのは小さな家庭用の精米機でこまめに少量ずつ精米する方法、保存は冷蔵庫で

米は白米の状態で一週間、常温と冷蔵では明らかに違いが出てくる
解りやすいのは、色!
結論は旨い!いつだって新米感覚、しかし、調子に乗って少しだけと思って
何時もより多く炊くようになっていた、ここで告白します!

人生MAX体重70キロ超え、お~~
なんて言ってられない、二匹との散歩に行こうとシューズを履こうと思いきや
お腹の脂肪が邪魔!く~~
ちょっと走れば、体が重い~マズイ とってもマズイ

食べたなら動かなければ(外は雨や雪)そんな言い分けは醜いお腹に言ってやれ!

そんな訳で、冬になればアレに乗る、ミノウラのタイヤドライブトレーナー
ロードバイクをそれにセットしてペダルを回す、気に入った曲と共に汗が流れる
ギャを下げて負担をかける事も出来るが、初日は辛い だが続けるぞ~


comment (0) @ 季節

定番かな?この写真

2017/02/13





華恋の足跡、

silkyと華恋の足跡の中からどちらか一方を探すことが出来るのは
飼い主の特権!まあ誰も羨ましがることでは無いが、、

今日お知らせnetで気が止まったモノ、それはシャワーヘッド
この頃の天気が続くと二匹の足を洗う機会が多くなり、ついつい
ポチリ!
マイクロバブルシャワーヘッド(Bollina Ninfa(ボリーナ ニンファ)だ

今更なのかもしれないが(はぁ~こんなモノがあったのか)
silkyの肌に持ってこいじゃないか、明日届いたら早速に試してみようではないか。

comment (2) @ 季節

考えすぎだろうか?

2017/02/08







この船が入港する20分ほど前、

この港の奥には船を水面から直接引き上げられるように傾斜の付いた
斜面が海の中まで続いている、いわゆる船を陸に上げるための船の駐車場?

そこに二匹を乗せた車を置いてきた、最初水面に向かってサイドブレーキを引いて止めた
いやいや、待てよ
このままサイドが外れてでもしたら、二匹は海の中へ
考えただけで気が狂いそう、水面に平行に止め直してこれで良し

この場所には苦い思い出がある

まだ泳ぐこともままならない幼い頃、従兄弟とその兄貴と3人でその斜面を歩いていた
一番後ろを歩いていたのは自分でその前を歩いていた従兄弟が転んだ、すかさずその兄貴が
手を差し伸べた、その斜面は海藻がべったり付いていた、しかし何もとも無く事は済んだ
と思った瞬間!
その湿った海藻は俺の足をすくった、デイズニーのアニメに出てくる犬の足がバタバタやるように

それはそれは恐怖だった、
四つん這いになった手や足を止めると斜面は港の海の中へ引きずり込もうとする
必死?いや、それよりその姿をみて笑っている二人の顔が、、(どうにかしてくれよ~)
と心に、それ以上は言葉が出なかった

見かねた兄貴がその辺に落ちていた竹竿を拾ってきて差し伸べた
それを掴んだ手の感触は今でも思い出される(助かった)
そのあと何事も無かったように探検は続いた、まったく!

危険!!それは体験によって深く脳に刻まれて行く
今となってはお金で買えない貴重な経験であった


それ以来ここの港のイメージはディープ!


_MG_5507-Edit.jpg




comment (0) @ 海

夕暮れの渚

2017/02/06







冬の海は北風

運ばれるゴミはあちらの大陸から、が全てでは無いが…

でも最近そのプラスチックに描かれている文字に変化が
漢字がめっきり減ったように感じられる(気のせいか?)
相変わらず多いのはハングル文字!

小さい頃に砂浜で遊んでいた時はシャンプーの空などプラスチックのゴミが大量に
そのゴミは殆ど日本製だった、しかし、時代の進歩と共にゴミは陸で処分されるように

こんなゴミの種類と周りの国を照らし合わせて見ると
時間差、時代差、GDP、の差なんかを感じてしまう
しかし個々の人は案外、同じレベルなんだろうが、正解は無限だ。


_MG_6914-Edit.jpg
comment (0) @ 海

思う事

2017/01/31






朝、家の掃除の前に玄関で二匹の顔や足をチョキチョキ、外は寒いので
まあそんなに毛が散らばることも無いけど履いているフリースには毛が張り付いている

ほんとは、もうそろそろトリミングの時期が来ているのだが
バッサリとやってしまうと今は冬、二匹は震えて訴えるから
モサモサの顔を整えて肉球の周りをスッキリ、これでもう少し我慢



_MG_6479-Edit.jpg




さて、今年の撮影のささなる目標としては、もう気づいている人も居るかもしれないが
二匹の向かってくるカットが無い!そう二匹はがこちらに向かって走ってくるアングルのなかに
とっても良イイ顔つきをしている場合が多い、今の腕と6Dの連射では

できあがりは、何を撮っているのやら?の連発

過去の経験からではローアングル+広角+接写、そこにはイイ顔の二匹が存在する
それらを可能にしてくれるのは結構簡単かもしれない、キヤノンがそれを叶えてくれるでしょう

多分 今年中にね?期待!



_MG_6523-Edit.jpg




土日と二日間、二匹を連れ回した、珍しく良い天気だったので
でも二匹は、、
何時もの昼寝パターンが崩されてか昨日今日とお疲れ気味

特にsilkyは、毎日一緒に暮らしていて時々その老化とでも言いますか
足を踏み外したりとか、あれ?と思うところ見え隠れ
尚更 いとおしくなります、で 晴れ間を見つけていざ散歩へ。


_MG_6571-Edit.jpg

comment (2) @ わんこの写真
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。